私の先生達は英語の教育課程を専攻していた方と、TOEICに精通している方で、二人とも英語学習に関し大変熱心な方でした。かねてから心配していた発音等の問題を気にする事は一切ありませんでした。限りなく母国語に近いしっかりとした英語教育を受けているフィリピン人講師達は、特に文法面において、ネィティブ講師以上にレベルの高い授業を提供してくれます。

授業内容は恋愛から国際問題まで幅広く、特に隣国韓国の生徒達と深く話し合い意見交換が出来るという点では、非常に意義のある時間が持てたと思います。また、毎週金曜日は軽めのトピックや流行の音楽などを使った。短縮授業となり、英語を楽しみながら身につける事が出来ます。

また、ネイティブ講師の授業では、終始楽しく会話がすすみ、「気軽に英語を話す」という姿勢が徐々に自分の中に出来てくるのを感じました。始めは、特に変化もなく1ヶ月では何も変わらないと思っていました。ですが、今回の滞在中、半年振りにフィリピン人の友人と会う機会を得れたのですが、以前よりもより滑らかに彼女や彼女の家族と英語で会話をする事が出来、大変満足することができました。

フィリピンで英語を学ぶという事に関して、私が最も不安に感じていたことに治安の問題があったのですが、今回の滞在中、少なくとも私は危ない目にあうことは一度もありませんでした。明るいうちであれば女性が一人で行動しても、適度に注意を払えば問題ないでしょう。また、それ以上に私は、どんどん外出をすべきだと思います。ジプニーに乗り地元の人々と触れあい、市場に行き交渉を楽しんだり遺跡巡りを楽しんだりと、学校の近所だけでも興味のわく出来事は沢山あるのですが、各週末に行った小旅行は本当に忘れられない思い出となりました。特にボホール島という島に行ったときは、今まで見たことも無いくらいに海がきれいで驚きました。

念願のダイビング免許も、思ったよりは辛いものでしたがどうにか取得する事が出来ました。

大阪外語大学2年 由良和美(写真はアイランド・ホッピングにて)