英語が必要だなと感じたのは、社会人になってからです。
それまではどうにかなるだろうと思っていましたし、できなければ仕方ないと思っていました。
でもだんだん社会の流れが速くなって、そうも言っていられなくなったことに気がついた時、
タイミング良く出会ったのがこのセブ島留学です。期間、料金、施設が希望に合っていたこと、
まだ体験したことのない東南アジアということで1ヶ月を委ねてみることにしました。

フィリピンに英語の勉強に行くよと言うと、誰もが「訛り」を心配してきました。
でも、そこまで心配する英語力がないこと、
たまに日本語だって怪しいことを考えればそれは気にすることではないかなと。
実際授業を受けて分かりましたが、
高度な教育をうけた先生方の発音は素人の私が聞いても素晴らしい物でした。
同じアジアだからでしょうか、フィリピンの英語は、私には心地よく安心して聞こえるものでした。

10年ぶりの英語の勉強ですから、どうなるのか不安だらけでした。
できないから勉強にいくわけで、できないから教えてくれるのです。
要は現地についてどれだけ積極的になれるかが問題だと思いました。先生はもちろんのこと、
寮長や受付の方々はどんなにめちゃくちゃな英語でも一生懸命聞いてくれます。だから話した者勝ちです。
授業中もわからなければ突き詰めればよいわけで、突き詰めていくうちに知ってる単語に出会えたりします。
話が通じた日はうれしくて、プールサイドを鼻歌まじりに歩いたり、
だめだった日は韓国人のお友達がもっとわからない英語でなぐさめてくれたり・・・。
それと毎日のように宿題が出ます。最初は宿題の内容の説明すらわかりませんでしたが、
しつこく聞いているうちに理解できるようになってきますし、
多少間違っていても周りがフォローしてくれます。忘れると怒られますけどね。

施設に関しては申し分ないです。この年になってホームスティはちょっときついなというのがありまして、
寮のあるところを探していました。
ここの寮は壁が水色でドアが黄色とそのセンスには大笑いしてしまいますが、和みますし、
設備に不足はありません。食事も決まった時間にセルスサービス方式ですから、食欲ないとか、
食欲あるとか、寝坊したいとかちょっとしたわがままが自分の範囲で処理できます。
休みの日に寝てても誰にも何も言われませんから、本当に自由でした。

勉強も、生活のことも、わからない事があれば聞けばいいわけですし、
それは日本だろうがフィリピンだろうが同じ事なんですよね。
それを怖がってチャレンジしなかったらきっとあのキレイな海にも出会えなかっただろうし、
韓国の人が日本の文化をよく知っているなんてことも分からなかったと思います。
1ヶ月という短い期間でしたがよい経験ができたと改めてかみしめています。

この出会いに感謝します。

長原理江(28才)Bridget